忍者ブログ
千葉を愛してやまない筆者のバレー&いろいろ日記。 マリーンズライフも随所に交えながら?

* admin *  * write *

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
<<07 * 08/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  09>>
 H 6-1 M
 立岡、あそこで3塁タッチアウトはないだろ~って、
 途中でチャンネル変えたのがバレバレですね。

 古谷、よかったんですよね。
 期待以上のピッチングで、6回途中までほぼ完ぺき。
 相手のバンデンハークに粘って球数は投げさせるものの、
 ここぞの1本が出ないのは昨日と一緒。
 
 なんか1勝するのも難しいような雰囲気になってきましたが、
 1つくらい、勝ってもらいたいですねぇ。




拍手

PR
 H 3-2 M(延長10回)

 最後は、振り逃げを許したランナーが致命傷になりました。
 田村は、2013年のCSにも高卒ルーキーで出場機会があり、
 2年たった今は、ほぼ正捕手といっていいポジションまで来ています。

 田村が本格化したときに、本当のゴールデンイヤーが来るんじゃないかな。
 その時は、ぜひ、ファイナルステージをマリンで開催してほしいですね。

拍手

 M 2-1 F
 2勝1敗で、ファイナルステージ進出決定!

 涌井の143球、見応えたっぷりでした。
 序盤はしつこく粘られ、3回までに80球近くを要するも、
 結局7回途中まで、初回の1失点のみでしのぎきりました。

 打線は、井口、デスパイネの2発のHRのみでしたが、これが効果抜群でした。

 ファイナルステージは1勝できればいいかな…くらいの気持ちで見ます。

拍手

 M 2-4 F
 1勝1敗のタイに。

 チェンがよく投げてくれたのですが、継投失敗。
 昨日は大谷を打ち、今日は大谷が打たれ、という展開になってしまいました。
 でも、やはりセカンド中村の悪送球が引き金になっているので、
 短期決戦でのミスは怖いですね。

 明日は、満を持しての涌井登板。
 こうなった時点で、勝ち上がっても苦しい展開になってしまいましたが、
 そうはいっても、負けるよりは勝つ方がいいですからね。
 悔いのない戦いをして欲しいです。

拍手

 M 9-3 F

 シーズン終盤、怒濤の勢いで勝ち進み、何とかAクラスに恥じない成績となりましたが、
 2位ともかなりゲーム差が開いており、胸を借りるつもりで経験を積みたい、
 とはいっても5年おきのジンクス年、あわや、もしやもちょっと期待したい、
 そんなクライマックスシリーズとなりそうです。

 第1戦は、いきなり予想外の大谷翔平攻略。
 終盤戦、登板回避したおかげで、涌井に最多勝のチャンスは巡ってくるし、
 大谷の登板間隔はかなり空いてしまうし、あまりよい作戦ではなかったのかも。

 石川もそんなに調子はよくなかったのですが、5回までリードを保ち、
 その後は終盤好調なリリーフ陣で逃げ切りました。
 西野が抜けていてこれですからね。

 この時期に試合が見られることだけでもありがたいことです。
 その分、3連休はつぶれてしまいますけどね。

拍手

 今夜はスーパームーン。設定を変えて2枚。

 暗くすると月の凹凸が見え、
 明るくすると雲まで写り、奥深いですね。

 折角の一眼レフ、撮っているのは夜の月と馬ばかり。
 月ばっかり撮ってると、狼になる?

拍手

 後半の連休を使って、彦根城に来ました。

 銅像を見て気がついたのですが、
 ご当地キャラブームの火付け役となったひこにゃんは、
 井伊直政の姿から生まれたんですね。
 お城とご当地キャラは相性抜群な気がします。

 「一期一会」ということで、井伊直弼についてもしっかり学ばせていただきました。
 駅前から城までの道もわかりやすく、
 ボランティアガイドからグルメ(近江牛)までコースがしっかりしていて、
 1日しっかり楽しめました。
 官民連携がうまくいっているんでしょうね。

拍手

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: Chi-Volley Diary All Rights Reserved