忍者ブログ
千葉を愛してやまない筆者のバレー&いろいろ日記。 マリーンズライフも随所に交えながら?

<<05 * 06/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  07>>
 WEBで連載を読んで気に入ったので購入。
 可愛いふりして割とやりますよ、この子たち。
 もしドラが好きだった人によいかも。

 有楽町で見つからず、船橋で見つからず、千葉で見つけました。
 この辺りが「地方都市」の境界線なのかな。

拍手

PR

 9月は来年の手帳の出始めの季節ということで、ジブン手帳を入手!今度で4年目。

 選ぶ理由はたくさんありますが、
 ガントチャートがあって多くの予定を並行に管理できるのと、
 ウイークリーページで日の出日の入り時刻が一目瞭然なことが決め手です。
 
 店頭での初版入手に失敗したため、amazonに頼りましたが、
 年々人気が上がってきているようです。
 さぁ、なんでもメモろう!

拍手

 この本を寝る前に少しずつ読んでいるのですが、
 翌朝目覚めると、考えがすっきりまとまっていると感じることがありました。

 やはり数学は論理の学問なんだなぁ。

拍手

 初めてちきりんさんの本を読みました。しかも2冊いっぺんに新刊を。



 著者のブログに対する考え方が整理されており、参考になりました。
 最初は日記で、伝えたいことを書きためていくうちにこうなっていったこと、
 その過程で、運営方針をきちんと決めて進めたことなど。
 コメント欄の考え方、取材に関する考え方など、
 ブログに限らず参考になった点も多かったです。

 まあ、私もブログを書いているわけですが、
 ここまで、県内・国内、いろんな所に出かけた記録をこまめに綴ってきたことが
 結構貴重な財産となっていて、自分でたまに見返すこともあります。
 そのレベルで十分かなと。
 多分「発信」への意識が根本的に違うんだろうな。

 そんなこんなで、今後もゆるく気ままに書きためていこうかなと思います。




 電子書籍を紙の本にしたもの。
 以前、坂之上洋子さんの、ツイッターをまとめた素敵な本があったのですが、
 その感覚に近いですね。
 しかも、値段を抑えめにしたのも良心的。

 ツイッターで断片的に読んでいたものを、こうして体系的に整理することで、
 こうもわかりやすくなるのか、と思いました。気軽に読めます。


 ここからちょっと脱線。

 1カ所、千葉と埼玉を比較したエントリがありました。
 千葉は東京を冠につけたがるが、埼玉はちゃんとさいたまを名前につけるので、
 そのうち、世界に地名が認知されるようになると思うとか。

 一部納得、一部反論。

 知事がトップセールスに行ったあとの記事などを見ても、
 千葉という名前の海外での知名度のなさは、いかんともしがたいのかもしれません。

 それでも最近は、東京ではない名前をつける施設も増えてきたのでですが、
 残念ながら、全国的な施設でも、つける名前は「千葉」ではないことが多いです。
 幕張メッセしかり、成田国際空港しかり…。(追記:中山競馬場しかり…)
 なので、幕張や成田の方が認知されているかもしれません。

 それでも、今日行われた「国際千葉駅伝」には、ちゃんと「千葉」がつけられています。
 (「千葉市」のニュアンスが強いですが)



 テレビに映っていないところでは、結構お祭り的なよい雰囲気になっていますし、 
 今後末永く続いていくために、沿道で応援することも立派な地域貢献かなと感じました。

拍手

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
ブログ内検索
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: Chi-Volley Diary All Rights Reserved