忍者ブログ
千葉を愛してやまない筆者のバレー&いろいろ日記。 マリーンズライフも随所に交えながら?

* admin *  * write *

[1]  [2]  [3]  [4
<<07 * 08/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  09>>
 後半の連休を使って、彦根城に来ました。

 銅像を見て気がついたのですが、
 ご当地キャラブームの火付け役となったひこにゃんは、
 井伊直政の姿から生まれたんですね。
 お城とご当地キャラは相性抜群な気がします。

 「一期一会」ということで、井伊直弼についてもしっかり学ばせていただきました。
 駅前から城までの道もわかりやすく、
 ボランティアガイドからグルメ(近江牛)までコースがしっかりしていて、
 1日しっかり楽しめました。
 官民連携がうまくいっているんでしょうね。

拍手

PR
 開通直後の圏央道、道路パトロール車とパトカーの先導で無事通行してきました。
 1車線の本線と、ICから入ってくる車をこうやって捌くのか、とちょっとためになりました。

 東関道と常磐道がつながると、千葉から茨城だけでなく、
 その先の福島、宮城、東北まで「都内を通らずに」行けるようになります。
 しかも、常磐道は先日全線開通したばかり。
 ドライブの楽しみが広がります!

 途中、阿見と牛久と稲敷辺りを探訪。
 阿見アウトレットで龍ケ崎コロッケ、そして牛久大仏。
 隣の県なのに知らないことが多いなぁ。

拍手

 夜、照明の下、フラッシュを使わずにきれいに撮影するには、
 どのくらいのカメラやレンズが必要なのだろう?
 仕事上必要になりそうなので、ちょっと研究してみることに。

 とりあえず、今職場にある一眼レフをお借りして、
 試しに夜桜撮ってみました。あえてフラッシュなしで。

 いろんな設定試して、これが一番まともだったかも。
 皆既月食と一緒に撮るのはさすがに無理があったかな?
 結局、写真よりも生で見た光景の方がより印象に残っています(^^;)



 で、結局、後日職場のカメラと同じものを買いました。
 まずは習うより慣れろで、コスパのよいものに。
 レンズ2本つきキットにSDカード16GB×2、レンズプロテクター×2、
 液晶保護フィルムをつけて、税込みで6万切りました。

 平日は職場で、休日はいろいろで使います。
 折角だから、いつか野球も撮りに行きたいなぁ。

拍手

 関空から成田まで、初めてLCCに乗ってみました。
 ジェットスター・ジャパン便です。

 関空のチェックインは、第1ターミナル南側。
 予約番号がわかれば難なくOKでした。
 自動チェックイン機で手続きすると、搭乗券が印刷されてきます。
 Webチェックインは60分前までですが、自動チェックイン機は30分前まで可能。
 どちらにしても1時間前に来れば十分でしょう。
 手荷物がある場合はこの時点で預けます。



 空港内でもお土産は買えるので、少し余裕を見て来て、
 時間つぶししているのがよいかもしれません。

 関空にあって成田にないもので、これはいいなと思ったのが、
 漫画喫茶(アプレシオ:24h営業)とダイソー。
 ジャワ-も浴びられるし、ラウンジ使うより漫画喫茶の方がいいと思う人もいるのでは?
 日本らしい便利なサービスこそ、国際空港に欲しい機能では。


 機内搭乗時には、特に手荷物の重さなどの確認はありませんでした。
 印刷された搭乗券を見せると、バーコードをスキャンされます。
 (Webチェックインの場合は画面を見せればよいようです)
 バスに乗ることもなく、ボーディングデッキから搭乗できました。
 (第2ターミナルはPeach専用らしいです)
 3連休の中日でもあり、ほぼ満席に。

 しかし、20時出発の予定が、19時55分になってようやく搭乗開始。
 保守用の機材を積み込んだりして遅れたようです。
 結局20分遅れで出発し、20分遅れで到着になりました。
 低気圧の影響で揺れましたが、安全性に不安は感じませんでした。

 乗り心地ですが、私にはシートピッチは狭かったです。
 リクライニングも躊躇するほど。
 plusオプションで窓際を選んでしまったのですが。
 どうせつけるなら、通路側を選んだ方が良かったです。

 飲み物の持ち込みは、熱いペットボトルはNGだそうで、冷たいものならOKでした。
 機内販売は使いませんでしたが、通路側の方が使いやすいですね。
 (plusオプションだとバウチャーで注文可。
  よくわからずに、CAに声かけられたけど断ってしまった…。)
 応対は親切で、全く問題ありませんでした。

 成田に無事に着いて、バス3台で到着ロビーまで向かいましたが、
 ゲートにつけるよりもむしろスムーズだったかもしれません。
 隣にはエアアジア機もいましたので、同様のオペレーションなのかもしれません。


 むしろ問題なのは着いてから。

 東京駅行きのシャトルは23時20分発まであり、かなりの人が並んでいました。
 4月以降の運行も決まり、好評なようですね。

 しかし、海浜幕張方面のバスは22時20分が終車。
 しかも、4人しか乗っていませんでした。
 海浜幕張で羽田から来るリムジンとすれ違いましたが、そちらはぎっしり乗っていたようでした。

 JR第2ビル発も22時19分快速東京行きが最終。
 京成は22時42分通勤特急上野行き、23時09分普通津田沼行きがあり、
 千葉線の最終に間に合うので、帰れないことはなさそうです。
 (アクセス特急は22時32分が最終)
 あとは朝のアクセス改善でしょうか。


 ちなみに、行きは普通に新幹線で行ったのですが、
 本数も多いし、ゆったりしているし、実は時間もあまり変わらず。
 エクスプレス予約を使ったので少し安くなり、モバイルsuicaでそのまま乗れるという便利さも。
 よっぽどLCC側が安くないと、対大阪なら新幹線の方が快適かなぁ。
 でも、便数も増えてきましたし、時間に余裕を持ちながら、また使ってみたいです。

 今回はりんくうタウンにあるプレミアムアウトレットに寄ったので、
 関空から帰るというのは自然な形でした。



 成田に置き換えれば、今度酒々井に出来るプレミアムアウトレットに寄ってから帰る、
 ということもやりやすくなるんですよね。楽しみです。

拍手



 週末を利用して、新東名の試走と、大井川鉄道の乗車をしてきました。

 新東名が開通して、大井川鉄道の拠点となる新金谷駅まで
 島田金谷ICから7分と、アクセスが格段に良くなりました。

 新金谷駅には、駐車場が完備されているのですが、
 日帰りと1泊から選択できます。
 最初「?」と思いましたが、登った先に温泉街があるんですね。
 現地は電車やバスで移動することができるので、
 車は麓に置いておけるという仕組みです。

 行楽シーズンと言うこともあり、行きのSLは満員で出発しました。

 沿線には、温泉あり紅葉ありハイキングコースあり、
 そしてもちろん列車の撮影ポイントも満載。
 観光鉄道の代表的成功例ですね。

 SLは千頭まで。ここが南アルプスへの玄関口になるのだとか。
 SLから降りたあとも、日本唯一のアプト式鉄道
 南アルプスあぷとラインで登っていけます。
 (長島ダム建設の際に軌道を付け替えたことで、
 勾配90パーミルの坂の上り下りが必要となり、
 この区間だけ機関車を連結し、ラックレール(歯形レール)を進むことになったとのこと)

 ↓長島ダム駅から下るところ、機関車の留置線から先頭の機関車を臨む。


 本数は少なく時間もかかるのですが、補完するようにバスも走っていて、
 片道はバスで先回りも出来ます。よく考えられています。

 ↓奥大井湖上駅を振り返る形で。



 沿線には、美しい鉄橋やスリル満点の吊り橋など、
 大井川を渡る様々な橋が眺められます。
 橋の建築技術は、川の多い日本が誇れる技術資産ですね。

  

 帰りは、川根温泉にもSLが途中停車。
 ここには、駅から徒歩5分のところに入浴施設があって(作って)、
 日帰りの方でも温泉に入って帰ることが出来ます。

 鉄道会社の努力ももちろんですが、
 バス会社や温泉街、地元住民などとの連携があってこその
 このスケールなのだなと思いました。

 帰りの車内で、いすみ鉄道のキーホルダーをつけた方を見かけました。
 いすみ鉄道も、最近は観光鉄道として頑張っています。
 来年の春頃には圏央道が開通して、車でもアクセスしやすくなるし、
 養老渓谷温泉、大多喜城という観光資産も持っています。
 大井川鉄道のように、地域と共に盛り上げていってくれればいいなと思います。

---
 往復には、新東名を通りました。
 千葉からだと、横浜町田にたどり着くまでが一苦労なんですよね。
 海老名まではやや混んでいましたが、そこから先は走りやすく快適でした!

 SA、PAもいくつか巡りました。
 お土産を買うなら、駿河湾沼津SAが良いようです。
 場所柄、静岡だけでなく、山梨のお土産も買えます。
 なので、他のPA・SAと比べてもかなり混んでいました。

 混雑を避けるなら、PAを選ぶのがおすすめです。
 どこもきれいで空いていました。

 個人的には、ドライバーズスポットにある「しぞーかおでん」が良かった!
 駿河湾SAの他、静岡SA、掛川PA、浜松SAにあるようです。

拍手



 福岡遠征。九州は人生2回目でした。

 まあ、結果はこんなもんでしょう。
 相手チームのファンに同情されるほどの弱さ。
 日曜は写真撮るのさえ忘れてしまいました。

 次の監督は誰がいい?との問いには、現地で答えたのでここでは控えます。

 でも、試合以外はかなーり満喫したし、いろいろ街歩きできたし、
 千葉産の落花生は九州でもしっかり売られていたし。
 仕事の参考になるようなこともわかりましたので、よかったです。
 これで、12球団のホーム13球場制覇!




 ここはよかったですよ。私らの世代的にもヒーローですからね。

拍手



 1泊2日の仙台弾丸ツアーに、総勢9名で参加してきました。
 試合は、土曜負け、日曜引き分けでしたが、いずれも接戦で十分堪能しました。
 ライトの一角以外はほぼイーグルス一色なので、なかなか居心地が悪かったです(^^;)
 鈴木大地の初猛打賞は、ブレイクの兆しになるかも。
 あと、サブローの猛四賞(フォアボール3つ)も、渋かったです。



 大画面にはこんな感じで詳細データが出ます。
 得点圏打率の高い打者(中島とか)に、図ったようにタイムリー打たれて、信憑性大。
 でも、なぜか球数がわからないんですねぇ。



 一番の盛り上がりは、カラスコ登場シーン。速すぎて写真が追いつきません。
 これは確かに楽しいです。



 クッキンアイドル・まいんちゃん(Eテレでやってるらしい)。なぜか2日とも登場。
 売り子さんにも「知らないですよねぇ」と言われてしまうくらい場違いな感じもしましたが、
 マリーンズで言うところのミニスプラッシュみたいな子がいっぱいいたので、
 その関係なんでしょうかね。
 球団経営にダンススクールは欠かせないもののようです。

 あ、ちなみに、売り子さんの派遣元は「フルキャスト」でした。
 まだつながっていたんですね。



 ビールはこんな感じ。最終日の最後に撮ったので、こんなもんですかね。

 遠征は何回も行ってるし、試合も真剣に見てるんですが、
 たいてい、試合のこと(特に先発投手)は忘れてしまうんですよね。
 (今回は、藤岡と吉見でした。)
 それだけいつも、飲んで食べて楽しんでるということなんでしょうけど。
 今回も、サバの炙りにラーメンに牛タン定食にささかまなどなど、くいだおれました。

 仙台の街は元気です。通過した福島も郡山も何ら普通の光景でした。
 震災の爪痕を感じたのは、仙石線や常磐線が途中までしか行けないことくらいですかね。
 
 どしどし東北にも出かけましょう!


---
 P.S.「リトル・チャロ東北編」の英語テキストが発売になったので買ってみましたが、
 私にはかなり難しかったです…。7月からの「3か月トピック英会話」が楽しみ。

拍手

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: Chi-Volley Diary All Rights Reserved