忍者ブログ
千葉を愛してやまない筆者のバレー&いろいろ日記。 マリーンズライフも随所に交えながら?

* admin *  * write *

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
<<05 * 06/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  07>>
この日は朝から銚子出張。
行きは急ぎの潮来周りだったので、帰りは旭周りを選択。
せっかくなので、ここ数年で新しくできた道の駅をめっぐってみることに。
一度、千葉県内の道の駅は全制覇したのですが、
いつの間にかどんどん増えてしまいました。

訪れたのは、道の駅 季楽里あさひ。
旭中央病院の少し銚子よりあたりです。

畜産が盛んな旭市ですが、野菜も魚も豊富に並ぶ人気スポット。
新鮮な肉や魚にくわえ、冷凍保存に向くイワシの加工品などもずらり。
クーラーバッグを持ってくればよかった、と心底後悔(^^;)

なお、この辺りに来たら必ず買うのが、
ぬれ煎餅のお買い得パック。
しめってたり固かったりするバラバラ感がかえって好みで、
しかも、15枚くらい入って500円で買えるのも魅力。

この辺りは、国道126号が混むのが難点。
久々に訪れたので、すっかり忘れて、ドはまりしてしまいました。
次回は海沿いの裏道をうまく使って、賢く回りたいですね。

出張のついでとか使って、また見て回ろう!

拍手

PR
 行ったときに、確かに客は増えていると感じましたが…

 Google検索のCMで「ここから御宿まで電車で」とやったことが効いたのだろうか、
 と、まじめに思いたくなります。

 平成26年夏期観光シーズンにおける観光入込状況について
 http://www.pref.chiba.lg.jp/kankou/toukeidata/kankoukyaku/h26kakiirikomi.html

拍手

 10年ぶりに登場の鴨川。
 前回は2004年8月7日で、天津小湊町と合併前でした。
 今回は日蓮聖人やホテル三日月など旧天津小湊町の項目も入っています。

 新しいホテルなども続々建ち、
 しっかりとリゾートタウンに成長している足跡が見てとれ、嬉しい限りです。
 なめろうやおらが丼も以前は入っておらず、定着してきたのはここ10年なんですね。

 マリーンズの秋季キャンプ、いつか見に行きたいと思っていますが、まだ実現していません…


(今回の項目:前回比で赤がランクアップor同位、青がランクダウン)
1位鴨川シーワールド
2位亀田メディカルセンター
3位日蓮聖人
4位海辺の湯宿
5位大山千枚田
6位なめろう
7位サーフィン
8位ホテル三日月
9位みんなみの里
10位仁右衛門島

11位おらが丼
12位マリンアクティビティ
13位魚見塚展望台
14位オリーブ
15位船上活〆
16位花火が見える宿
17位おいしい海藻
18位THE GUNJO RESTAURANT
19位ノンキーズカフェ
20位前原海水浴場


(10年前の項目)
1位鴨川シーワールド
2位仁右衛門島
3位亀田メディカルセンター
4位鴨川グランドホテル&鴨川館
5位前原海水浴場
6位サーフィン
7位大山千枚田
8位鏡忍寺
9位亀田酒造
10位萬祝&船鋸

11位鴨川スローライフ
12位房総フィッシング
13位丸藤
14位アイビー
15位ら・みらどーる
16位オリーブ
17位千葉未来高等学校
18位アウトドアショップZen
19位風神
20位高鶴山荘

21位マンボウ
22位風雲
23位みんなみの里
24位ジョン海山ネプチューン
25位レストランKIDS
26位ラハイナ
27位アラビアンアート
28位EBIYA.CAFE
29位誓いの丘
30位としまや弁当

拍手



 関東・甲信越B-1グランプリin勝浦でB級グルメを満喫!
 やはり、ものすごい人でした。
 勝浦市の人口の5倍くらいは来ていたんじゃないでしょうか?

 以前から気になっていた三崎マグロラーメンと八戸せんべい汁をいただきました。

 三崎マグロラーメンは、マグロそのものの味もさることながら、
 マグロのラー油が隠し味でいい感じです。
 これはハーフサイズでしたが、1食ちゃんと食べてみたいと思える味でした。
 

 八戸せんべい汁は、見た目ではわかりにくいかもしれませんが、
 せんべいがもっちりしていて美味しかったです。
 つまりは、すまし汁のお雑煮なんですね。
 我が家の味に近かったので、懐かしい味でした。
 


 朝市の方にも人があふれていて、干物の販売に加え、
 串焼き、ビールなど魅力いっぱい!
 ある意味B-1よりもよいもの食べられます(笑)

 こうして地域の魅力を知ってもらうのが大事なのかと。
 これをきっかけに、ひなまつりの時期などに再訪してもらえれば大成功ですね。

 勝浦港の体験乗船にも多くの待ち行列。
 天気がよかったので、気持ちよかったでしょうね。

 房の国物産展では、地元千葉の名産物がずらり。こちらも活況。
 その中でも行列が出来ていたのは、木更津のブルーベリーパフェと、鴨川のアイス。
 とにかく暑かったので、冷たいものも人気でした。


 誘致に成功し、無事に2日間運営していただいた勝浦の皆さんに感謝。
 またやってくれないかなぁ、と心底思ってしまいました。

拍手

 リーグ戦の予定が無くなってしまったので、マリンに行こうとも思いましたが、
 圏央道沿線の様子を見がてら、県民の日行事に顔を出しに行くことにしました。

 向かったのは、大多喜町内で行われている「健康フェスタin夷隅」の2会場。

 最初の会場は「ベジタブルガーデン」というハーブ園のような施設。
 朝から雨続きで、駐車場は泥だらけ(帰ってきてから足回りまで洗車しました)でしたが、
 会場内は温室なので、まあまあ快適。ハーブの匂いに誘われ、1周しました。
 月1回の地元市も併催されており、なかなか賑わっていました。



 大多喜町中央公民館では、大多喜の見所をいくつか教えてもらえました。
 その後、健康チェック。
 肺活量を図ったのは久しぶり。年齢以上に肺活量があったのは日頃のバレーのおかげかな?

 そして、三育学院大学の方々によるAED講習。
 使い方は簡単でも、いかに冷静になれるか、状況に応じて行動できるかが重要ですね。
 看護師のたまごたちが集まるこの大学から、地元で働く方が一人でも多く出て欲しいものです。


 会場をあとにして、大多喜の見所を回ってみました。
 いすみ鉄道で行くミステリースポットでのホタル観賞。
 事前に知っていたら、申し込んだのになぁ。
 (現地は道が狭く駐車場が小さいので、ここでは紹介しません)




 大多喜のR297沿いのバス停前に、たくさんの人が並んでいるのを見かけました。
 圏央道のおかげで、確実にこの地域を訪れる方は増えているのを感じました。
 確かに、何とも言えない居心地の良さを感じます。

 東京からの交通の便が良くなって、ちょっと行ってみようかと思えるような
 ほどよい遠さになるのもよいですね。
 今後がいよいよ楽しみな地域です。


 帰りは、圏央道を経由して、木更津のアウトレットに寄りました。
 混雑のピークはやや過ぎたようで、ゆったり見て回れました。
 チーバくんプラザでは「千葉、心つなげよう」のPVが流れていました。
 マリーンズも今日は逆転勝ち。ナイスですね。

拍手

 海開きと海水浴場開きって別物なんだ…。
 白浜の記事を見るまで何も違和感感じなかったんだけど。知らないって怖いね。


九十九里町で海開き
http://www.chiba-tv.com/060chibatv_news/2013-0429-2039-9.html

 ゴールデンウィーク真っ只中、行楽地は多くの人で賑わっています。九十九里町では29日、本州一早い海開きが行われました。
 九十九里浜一帯の海岸は、夏になると海水浴やサーフィンを楽しむ人たちで賑わいます。
 海の観光シーズンの幕開けとなる海開きは、この1年の海の安全を祈願するために、九十九里町が毎年、4月29日の「昭和の日」に行っています。
 大漁旗がはためく会場には、東金市や大網白里市等近隣からも多くの関係者が出席する中、地元の川島九十九里町長が玉ぐしを奉納して海の安全を祈願しました。
 このあと、海岸では、獅子舞や黒潮太鼓が披露され、集まった人たちからは、大きな拍手が送られていました。
 また、恒例の宝探しも行われ、たくさんの家族連れが隠されたお宝を求めて大はしゃぎで砂浜を掘り起こすなど、ひと足早い夏を楽しむ姿も見られました。
 なお、この海開きは、海水浴場のオープンとは別で、海水浴場では、7月1日ごろから遊泳できる見込みです。


海水浴場開き:夏待ちきれない−−和歌山・白浜
http://mainichi.jp/area/news/20130504ddn041040012000c.html

 本州で最も早い海水浴場開きが3日、和歌山県白浜町の白良浜(しららはま)海水浴場であった。午前10時の水温は昨年より2度低い19度。水着姿の観光客ら約100人が真っ白な砂浜を蹴って海へ駆け込んだ。

拍手

 千葉県内の高速バスは、このところ急激に発展しています。
 成田空港へのLCC就航と、酒々井アウトレットの開業、
 さらに、この週末の圏央道開通を控え、新規路線開設が相次いでいます。

<成田空港関係>
 東京シャトル http://www.keiseibus.co.jp/kousoku/day/nrt16.html(3/30増発)
 THEアクセス成田 http://heiwakotsu.com/na_top.htm(4/26増発)
 深夜急行バス&空港バス 東京~西船橋or新松戸~成田空港(4/20延伸)
 http://www.nariku.co.jp/topics/130418161725.htm

<酒々井アウトレット関係 4/19開設>
 東京~酒々井アウトレット~銚子、酒々井アウトレット~成田空港、成田、八街線
 http://www.chibakotsu.co.jp/from_c/13/011.html

<圏央道開通関係 4/28開設>
 茂原~羽田空港・横浜線のスピードアップ
 茂原~東京線の運行開始
 勝浦~東京線のスピードアップ
 http://www.kominato-bus.com/link/html/13.4.28akua.html


 ここまでは想定内だったのですが、
 おっ、と思う路線が4/28開設。
 それは「木更津/君津~成田空港」線。
 http://nitto-kotsu.co.jp/kosoku(kisa-nari).htm

 実はこの路線、一度廃止になっています。
 それがこの度、圏央道開通を契機に復活しました。
 ただし、路線は3系統に分かれ、1系統は君津発、
 もう2系統は木更津発で、東関道経由と圏央道経由があります。

 圏央道を経由するのは、10.5便のうち、2.5便。
 早朝便はLCC狙いなのは自明ですが、
 午前便が空港→木更津、夕方便が木更津→空港になっているのがポイント。

 これがどういう意図なのかが、読めません。


 仮説1:成田に着いたLCCから県内観光地への輸送便

 圏央道沿いの市原鶴舞BTの近くにはゴルフ場がたくさんあるし、
 「千葉の旭山動物園」市原ぞうの国もあるので、
 ここへ行く人を狙ったのでしょうか。

 しかし、よく調べると、福岡からも札幌からもこのバスは利用できません。
 一番早い便が成田着11:30、午前中に市原鶴舞BTに行くバスは10:30まで。
 なので、使えません。


 仮説2:市原鶴舞BT周辺住民の成田空港(海外旅行向け)輸送

 人口は決して多くないのですが、それでも大多喜・勝浦・牛久あたりから
 海外に行くには利用できそうですね。
 それでも、深夜発、早朝着の便に限られそうです。
 しかし、なぜこの便が木更津のアウトレットを経由するのか??


 仮説3:成田空港周辺住民のぞうの国・木更津アウトレット向け

 これが一番可能性が高いかなぁ。
 酒々井のアウトレットに飽きたらず、木更津にも行ってみようとか思うのでしょうかね。



 謎だらけですが、房総観光を掘り起こすには期待したい路線です。


 以前、成田~旭川便に開設されたスカイマーク便は
「旭山動物園狙い」と言われました。
 このダイヤでは難しいですが、
 LCCで市原ぞうの国に行こう!という日は果たしてくるのでしょうか?
 ちょっとこの先、注目してみたい路線です。


 ウィークリー千葉県 もうすぐ開通 圏央道 ―東金~木更津間―

 http://www.pref.chiba.lg.jp/kouhou/net-tv/weekly/weekly-130420.html

拍手

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
ブログ内検索
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: Chi-Volley Diary All Rights Reserved