忍者ブログ
千葉を愛してやまない筆者のバレー&いろいろ日記。 マリーンズライフも随所に交えながら?

* admin *  * write *

[346]  [345]  [344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [336
<<08 * 09/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  10>>
 Vメルマガより。ルール改正のニュースです。
 とりあえずテスト試行のようですが、今後、この方向で適用される可能性が高そうです。
 
 http://www.vleague.or.jp/news.html?act=detail&genre=2&id=470

 今年の6月、ドバイで開催された「2008FIVB総会」において、FIVB(国際バレーボール連盟)は改正ルールを承認し、2009年1月からFIVB大会において適用することを決定した。

 FIVBでは、新ルール(2009-2012 Rules of the Game)の細部について最終的な詰めの作業を行っている段階で、未だ最終版が発表されていないが、国内トップリーグとして競技力の向上を担っているVリーグとしては、その使命に基づきこのたびのルール改正を考慮し、『2008/09 V・プレミアリーグ、V・チャレンジリーグの特別ルール』として採用することにしている。

『2008/09 V・プレミアリーグ、V・チャレンジリーグの特別ルール』の要点
(1) パッシングザセンターライン
(旧) 他のいかなる身体の部分も、相手コートに触れることは許されない。
(新) 足よりも上部の身体のいかなる部分も、相手コートに触れることは許される。
※足(くるぶし)より上の部分が相手コートに触れてもよいことになった

(2) ネットタッチ
(旧) 競技者がボールをプレーしているときにネットまたはアンテナに触れる行為は反則。
(新) 競技者はネットを含め、支柱、ロープあるいはアンテナ外側のいかなる物体に触れてもよい。
 ただし、ボールをプレー中に上部白帯およびアンテナに触れた場合は反則となる。
 また、アドバンテージを得るため、または相手のプレーを妨害するためにネットに触れる行為も反則。

(3) リベロに関する事項
(旧) 1チームは、最大限12人の競技者とする。
 12人の中からリベロプレーヤーを1名登録する権利を持っている。
(新) 1チームは、最大限14人の競技者とする。
 13~14名を登録した場合は、2名のリベロプレーヤーを登録しなければならない。
 12名以下の登録した場合は、0~2名のリベロプレーヤーを登録することができる。
 2名のリベロプレーヤーを登録した場合、試合中に一度だけ先発リベロから予備リベロに交代できる。
 ただし、一度交代した先発リベロは、その試合中再びコートに戻ることはできない。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6
10 12 14 15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
ブログ内検索
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: Chi-Volley Diary All Rights Reserved