忍者ブログ
千葉を愛してやまない筆者のバレー&いろいろ日記。 マリーンズライフも随所に交えながら?

* admin *  * write *

[1]  [2]  [3]  [4]  [5
<<08 * 09/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  10>>
 特番で復活。相変わらず千葉満載のロケーション。
 電車事故のロケは、茨城県鉾田市だったようですが。(エンドロールより)

 最後のキーメッセージは、「別れが人を強くする」。
 今までの自分は、劇的な別れをそれほど多くは経験していない。
 そういった意味では、むしろこれから、どんどん強くなっていくんだろうな、と思う。

 まずは、エンディングの「HANABI」を聞きながら、明日を思う。
 明日のエンディングも「HANABI」なのです。

拍手

PR
 HDDレコーダが壊れたようだ。

 HDDを交換すればまた使えるようになるらしく、
 修理に出すより安く済むので、注文してみたが、
 問題は、まとまった時間がなかなかとれないので、
 その交換作業がいつ出来るのか?ということ…。

 今まで録り貯めていた番組とかたくさんあったんだけど、
 いざ消えてみるうと、意外とダメージがないんだよなぁ…

 その気になれば、DVDやらネット配信やらで結構カバーできてしまうし、
 元々どーでもいい番組も多かったのかも。



 そういえば、四街道市、どうなるのかねぇ…。

拍手

 今年は、久々にビデオ制作の仕事に携わることになりました。
 約3年ぶりに、県内を回ることになりますが、
 多くの方に見てもらえるよう、いいものつくりたいです。


 まず、佐倉の印旛沼へ。
 印旛野菜いかだの会さんのイベントです。
 印旛沼放水路にいかだを浮かべて、
 そこで水質浄化に役立つ空心菜を水耕栽培するという取組です。

 この日は、外来生物を駆除する目的で、釣り大会が行われました。
 ちょぼちょぼとは釣れていたようですね。

 空心菜は、最後におつゆに入れてみんなで頂いていました。
 私はバタバタしていて頂けなかったので、どんな味だったかは不明です…。



 ここでは、水質浄化のために貝の養殖も行っています。
 7年かけて生育したモノを、この日開くことになりました。
 中から出てきたモノは… なんと、真珠!
 今まで会費を出して頂いた方々へのお礼として配られるそうです。


 印旛沼へは、遠くは千葉市の土気からも水が流れ込んできます。
 そして、印旛沼周辺のみならず、千葉市のかなりの地域で
 水道水として利用されています。
 (大きな浄水場が花見川区北部にあります)
 このことは、当の千葉市民にはあまり知られていないようです。

 上流・下流関係なく、印旛沼の水質については、
 流域に住んでいる人みんなで考えていかなければならないのでしょうね。


 空き時間を使って、佐倉みどりネットさんの里山体験にも掛け持ち取材。
 稲刈り、カヌーは順調でしたが、お昼のBBQの頃から大雨に見舞われ、
 子どもたちの里山でのあそびは断念…。残念でした。


 行く途中では、防犯パトロールに熱心な団体さんも見かけました。
 佐倉でも、地域のちからが頑張っています!

拍手

 夏合宿中にOAされてしまいましたが、HPからとりあげておきますか。
 (録画は、し忘れました…「時かけ」とバッティングしたのも、惜しい。)
 http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/080719/

 さすがに「澪つくし」は古いようですね。
 高校野球ファンには、銚子商もあってもよかったかな?
 千葉科学大は、入ってないか。

 26位に、三晴で教わった「水なます」の作り方が載ってます。
 夏バテの季節に、スタミナ満点ですね。

 19位の磯がきは、数件の民宿で頑張ってる隣の飯岡のイメージが強い。
 18位は京成のだよね。京成の施設って、なぜか路線のないところにいろいろあるよなぁ。

 16位、カレーボールは超おすすめ!
 14位、サバカレーまで書いてくれるなら、アキバでヒットした
 「銚子おでん缶」を忘れて欲しくないなぁ。
 一度さんま蒲焼食べ比べたけど、自分的には田原の方が好み。

 13位は大漁旗。これも欠かせませんね。
 12位のイルカウォッチングも、離島以外では珍しいかも知れません。

 11位、銚子ブランド農産物の面目躍如。
 銚子市は、旭市の合併前は県内トップの農産物生産高を誇っていたところです。

 9位、屏風ヶ浦は空撮スポット。「コード・ブルー」でもお目見え。
 
 4位の銚電&ぬれせんはいまだに人気のようです。
 「電車内で演劇“銚子スリーナイン”」なんて特集を、今日のC-masterでやってくれてました。

 2位、犬吠埼灯台は初日の出スポットにも。
 「北海道より早い、平地で最も早い初日の出」は季節はずれか。

 1位、水揚げ「量」日本一の漁港。
 イワシに代表される大衆魚が主流なので、額ではかなり順位が下がるのですが、
 財布に優しい、普段の食卓を支える港です。


 夏の銚子は、海洋性気候なので涼しく、心地よいですよ。
 一度いらしてみませんか。

拍手

 富里市から車で15分ほどで多古町へ。
 ここには、「道の駅多古あじさい館」がある。
 個人的に、県内道の駅おすすめトップ3に入るところ。

 ここで、今日は第24回ふるさと多古町あじさい祭りがあったので、行ってみました。

 ものすごい車の量。
 会場は、道の駅(とその隣の公園)なのに、車が停められないという。
 結局、高台の臨時駐車場からバスで会場に来ることに。

 芝山鉄道の芝山千代田駅から、
 電車の発着に合わせて無料バスを出してました。
 それを使うと、芝山鉄道から何かもらえるそうです。
 かけもちでなければ、それで来てもいいかもしれないですね。

 成田空港も、パネル展示と
 ストラックアウトっぽいゲームコーナーを出してました。
 空港のセンスと、ハッピが何とも不思議なミスマッチ…。
 エアポートプリンセスも来てました。


 ここでも、スイカを売っていました。
 富里市長、こちらのお祭りにもご挨拶に来たそうです。
 自分の市のお祭りの最中というのに、熱心です。


 環境きゃらばん隊とともに、ちば犬も来てました。
 アルミ缶1個で「Ecoくじ」をひけるというのをやってました。


 栗山川からは、遊覧船にも乗れます。
 あじさいの鉢植えの販売もありました。


 bayfmブース。力玉手箱弁当は目の前で売り切れ…
 このほか、NHKとチバテレビの取材陣を見かけました。


 お手製?の竹コースター。子どもたちの長蛇の列が出来てました。


 メインステージ。
 地元・多古町出身の若手演歌歌手、青山祐太さんの歌謡ショー。
 思いっきり多古町のことを歌った「道の駅」という歌を2度披露。
 栗山川・あじさい・多古米・コスモス…。
 こういうご当地ソング、いいですねぇ。


 多古中スウィングガールズのあと、bayfm小島嵩弘さん登場。
 いちリスナーとして、堪能してしまいました。
 
 「ONE」や「風をきって」など、リスナーにはおなじみの曲も。
 結構いいメッセージソング歌ってるなぁ…
 CD買うとサインがもらえるというので、
 握手や写真までお願いしてしまいました!(その写真は自粛)
 

 スイカも買ったし、冷やして、録画したマリーンズの勝ち試合見ながら食べよう!
 (ある意味、見所たっぷりの心臓に悪い試合だったようで…)

拍手

 今日は、千葉県民の日。血が騒ぎます(^^;)


 富里市は、全国2位のスイカの産地。
 その富里で、今朝、スイカまつりがありました。
 大のスイカ好きなので、このイベントは一度行ってみたかった!

 今年は生育があまり思わしくなく、例年の6割程度の収量しかないとか。
 おかげで、開始早々売り切れになるサイズが続出。
 開始30分前に行ったのですが、それでちょうどよかったくらい。
 そのあとは、車が大混雑でした。
 スイカ買うなら、車で行かないと厳しいですからね。

 スイカくじ。1回100円で、外れても一切れ食べられる。


 店によって、若干値段が違う。
 結局、2Lサイズのものを買いました。


 こっちは、無料試食の列。開始15分前なのにずら~っと長い列。


 近くにあるJAの直売所も、車で一杯でした。
 来週22日には、スイカロードレース大会が開かれるそうです。
 このレース、給水所の代わりに「給スイカ所」があるのです!

 この時期は、ホントにスイカ一色なんですね。

 で、この後引き続き多古町へ。

拍手

 タイトルからサザンとサーカスが浮かんだあなたは、
 見事なアラフォー世代です。


 今日のパワークイズは、多古米に関する問題。
 (基本的に「力玉手箱弁当」にちなんだ問題のようです)

 「全国自主米品評会」で食味日本一の栄冠に輝いたこともある
 この多古米のおいしさを表す言葉は?

 1.おかわりごはん
 2.おかずいらず
 3.食べ過ぎ注意


 多古米買うなら「道の駅多古あじさい館」が良さそうです。

拍手

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6
10 12 14 15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
ブログ内検索
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: Chi-Volley Diary All Rights Reserved