忍者ブログ
千葉を愛してやまない筆者のバレー&いろいろ日記。 マリーンズライフも随所に交えながら?

* admin *  * write *

[1395]  [1396]  [1394]  [1393]  [1392]  [1391]  [1390]  [1388]  [1389]  [1387]  [1386
<<04 * 05/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  06>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 「ローカル路線バスの旅」終了後「流れ」で見られる「流山」。
 偶然見た方も多そうですね。
 絶好のシティプロモーションになったのではないでしょうか。


 歴史ロマンの旧街道、新旧が交錯するまち、都心から一番近い森のまち。

 柏・野田・松戸と江戸川に囲まれる好立地ながら、
 かつてはあまり知られていなかった流山でしたが、
 市にフィルムコミッションやマーケティング課ができて、
 TXが開通してから、劇的にイメージが変わりました。

 何より「住みたい」と「見たい」が両立する街は貴重です。

 「住む」には、流山おおたかの森を中心に、今どきの商業施設が充実。
 柏が渋谷なら、流山は二子玉川だそうで。
 なのに、森もあり、水辺もあり、自然が豊か。

 「見る」では、新撰組やみりん醸造・水運など歴史的遺産が充実。
 (利根運河は流山扱いにならないのだろうか?)
 流鉄流山駅周辺はTXが開通してから利用者が減っているようですが、
 こうした昔ながらの町並みや新撰組などの観光資源を目当てに、
 たくさんの人に訪れて欲しいですね。

 http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/backnumber/20140913/

1位白みりん(誕生200年)
2位見世蔵
3位森
4位うなぎ
5位新選組 別れの地(流山本町)
6位一茶双樹記念館(流山本町)
7位流山おおたかの森SC

薬丸印 トロピカル団子(江戸川台)

8位小西屋(流山本町)
9位清水屋(流山本町)
10位赤城神社(流山本町)

11位地域密着系チェーン店
12位ブラッスリー しんかわ(運河)
13位小菅製パン(豊四季)
14位レタンプリュス(おおたか)
15位錯綜した市境(豊四季あたり)
16位みりんスイーツ
17位長八(初石)
18位木の実(南流山)
19位やさいばこ(おおたか)
20位丁字屋 栄(流山本町)

ゲスト(敬称略)
具志堅用高(ラーメンとん太でバイト)
大島麻衣(野田市出身、高校が流山)
舞の海(新撰組ロケ)

薬丸裕英 千葉のニコタマ
山田五郎 新旧が交錯する街なので、ロケ地として多くの撮影が行われている

拍手

PR
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
ブログ内検索
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: Chi-Volley Diary All Rights Reserved