忍者ブログ
千葉を愛してやまない筆者のバレー&いろいろ日記。 マリーンズライフも随所に交えながら?

* admin *  * write *

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
<<05 * 06/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  07>>
 M 9-3 F

 シーズン終盤、怒濤の勢いで勝ち進み、何とかAクラスに恥じない成績となりましたが、
 2位ともかなりゲーム差が開いており、胸を借りるつもりで経験を積みたい、
 とはいっても5年おきのジンクス年、あわや、もしやもちょっと期待したい、
 そんなクライマックスシリーズとなりそうです。

 第1戦は、いきなり予想外の大谷翔平攻略。
 終盤戦、登板回避したおかげで、涌井に最多勝のチャンスは巡ってくるし、
 大谷の登板間隔はかなり空いてしまうし、あまりよい作戦ではなかったのかも。

 石川もそんなに調子はよくなかったのですが、5回までリードを保ち、
 その後は終盤好調なリリーフ陣で逃げ切りました。
 西野が抜けていてこれですからね。

 この時期に試合が見られることだけでもありがたいことです。
 その分、3連休はつぶれてしまいますけどね。

拍手

PR





 初回にいきなりクルーズ・デスパイネの揃い踏み。
 猛攻で、楽に見られた試合だったようですね。
 見に行けた人、うらやましい。

 埼玉vs千葉シリーズは、千葉vs埼玉シリーズにならないのだろうか。
 「ライバル」の文字もさらっと抜けてますね。なぜ?

拍手




 ここ2年、先発で使えば、貯金を作ってくれるマリーンズ最年長投手。
 この勝利を、再浮上のきっかけに!


 この日、内野1階自由席が応援席になっていたようです。
 ライトファンにも応援の楽しさを味わってもらおうと、
 エリアの方をお客さんのいる方に合わせた形。

 ライトとコアの共存は大事な問題。どこも苦心・工夫してますね。

拍手

 遅めの歓送迎会&二次会で、A9に行けず。

 当然、マリンも行けてませんが、
 こういうプレー、いいですね。大敗の中に光る希望。

拍手

 大嶺祐太は、何故か応援したくなる投手。
 少しずつでも、成長の跡が見えているのがいいのだろうか。
 ともあれ、3タテ阻止でめでたしめでたし。
 (相変わらず、まだ観戦ゼロですが…)

拍手

 チャンスはかなりつぶしていますが、勝てばよし。
 涌井がすっかりエースになりましたね!

拍手

 結果と経過を追っただけですが…。

 満員、そしていつもと違うユニフォーム。
 よそ行き感満載の雰囲気に飲まれてしまったのでしょうか。
 緊張が解けないまま、失点を重ねてしまったようです。
 裏の無死満塁のチャンスで何点か返していたら、また違った展開だったかも。

 次の登板機会もありそうなので、期待しています。



拍手

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
ブログ内検索
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: Chi-Volley Diary All Rights Reserved