忍者ブログ
千葉を愛してやまない筆者のバレー&いろいろ日記。 マリーンズライフも随所に交えながら?

* admin *  * write *

[629]  [628]  [627]  [626]  [625]  [624]  [623]  [622]  [621]  [620]  [619
<<10 * 11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>


 どうも、風邪ひいたらしい…。
 午前中にしっかり寝て、午後から市川へ。
 「1%サミット」を聞いてきました。



 市税の1%を、市民が希望する市民活動団体へ寄付する仕組みを
 市川市が全国に先駆けて始めたこの制度も5周年。
 現在は、北海道恵庭市、岩手県奥州市、千葉県八千代市、
 愛知県一宮市、大分県大分市、そして市川市の6市で実施されています。

 制度概要は微妙に違いながらも、基本的な考えは一緒。
 支援を希望する団体の活動内容を見比べ、
 寄付先を考えることで、市民の社会参加を進め、
 同時に税の使い道を市民が選択できるというものです。

 細かい制度の違いも見られました。
 権利があるのは、20歳以上か、18歳以上か、中学生以上か。
 世帯で1票か、各個人で1票か。1人1票か、3票か。
 寄付額は市税の1%にこだわるか、
 納税者以外も含めた平均をとるか、
 予算に合わせて1人あたりの額を決めるか、など。

 また、制度を行使する市民は1割あれば多い方という状況で、
 (増えすぎると予算が足りなくなってしまうようですが)
 応募を増やすための広報をどうしているのか、などの意見交換もありました。
 団体リストの全戸配布をやめて、口コミ狙いに切り替えたところや、
 この支援制度を支援する市民活動団体が生まれたところなど、
 各市の取組にも、それぞれ工夫がありました。


 薬が効いてて、ちょっとぼーっとしながら聞いていましたが、
 それでも、ホールいっぱいの聴衆を迎えて、
 有意義なシンポジウムだったと思います。 

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
ブログ内検索
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: Chi-Volley Diary All Rights Reserved